アタッカーズ 魁監督作品
発売:2015年5月
主演:川上ゆう
原作:団鬼六
脚本:神田つばき
縛り:奈加あきら
写真:saco-camera

団鬼六さんの作品と云えば1974年(日活)と2004年(東映ビデオ)に映画化されヒットした「花と蛇」が有名ですが
「花と狼」は1973年に書かれた短編小説で映画化の噂は聞いていましたが頓挫したようでした。この作品をAVにするに当たっては様々な苦労がありましたが、映画と違ってAVはその先を見せなくてはなりません。読者の想像の域を実写化しなくてはならない。制作・CASTはその辺りを充分に理解した面々で布陣を敷くことが出来ました。原作を壊さずにあくまでAVとして見せるべきものを見せる。これも苦心した作品でした。

嗚呼、私もいつか「川上ゆう」で「花と蛇」を見てみたい。

花と狼 川上ゆう

sspd118pl